睡眠時無呼吸症候群とは

眠っている間に呼吸が止まる病気です。

定義としては「10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が一晩に30回、一時間に5回以上起こること」を指します。

※SAS(Sleep Apnea Syndrome)と略すこともあります。

SASの症状

  • いびき

  • 夜、息苦しくなり目が覚める

  • 夜トイレに頻回に起きる

  • 熟睡感がない

  • 起きた後、頭が重い

  • 日中の眠気

  • 運転中の眠気

  • ​集中力がない

これらの症状を放置しておくと、日常生活に支障が出るばかりか重大な事故にもつながります。また、​脳卒中や心筋梗塞などのリスクが数倍増すと言われています。

原因

  • 肥満

  • 喫煙

  • ​扁桃肥大​ など​

検査

  • ​当院では自宅で行うことのできる「簡易無呼吸検査」による診断を行なっています。

  • 指先で測る酸素モニターと、鼻につける呼吸モニターがセットになった装置を貸し出します。

  • 検査を行った翌日に受診いただき、15分程度で結果判定を行います。

​診断

無呼吸の程度によって軽症・中等症・重症に分類します。

軽症〜中等症で症状の軽い方はダイエットや喫煙などの生活指導を行います。症状の比較的強い方は生活指導に加え耳鼻咽喉科や歯科に紹介するケースもあります。簡易検査で中等症以上の場合、入院や外来での精密検査をお勧めしています。

​重症度が高い場合、精密検査によらず持続的陽圧換気呼吸治療(CPAP)の適応となります。

CPAP

​持続的に一定の圧をチューブを介して鼻から送り込み、気道の閉塞を防ぐ装置です。

  • Instagram Social Icon
  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

〒950-1151 新潟県新潟市中央区湖南29-1

☎︎025-283-1181 Fax 025-256-8081

konanclinic1181@gmail.com